menu

スタッフ紹介

インタビュー

インタビュー01

現在、担当している仕事内容について教えて下さい。
温野菜もりの里店で店長を務めてます。
店長の仕事は、お店の原価や人件費のコントロールといった経営管理、パートナーさんの育成、法人営業などの販売促進、あと営業中はオペレーションに入っています。
もりの里店は、大学生パートナーが大多数で、私を含めみんな年が近いのでフレンドリーな雰囲気で、パートナーの誕生日をみんなでお祝いしたり本当に仲が良いです。一方で、初めてアルバイトをするというパートナーも多く、みんな素直というか、純粋というか、私のつたない指導も熱心に聞いてくれます。
「全てはお客様の笑顔のために」どんなビジネスでもこの考え方は共通だと思います。
みんなが社会に出たとき、ここでアルバイトをして良かったと思ってくれるように、共に学び共に成長していきたいと思います。
忘れられない体験談(大変だったこと、嬉しかったこと)
もりの里店は昨年末にオープンしたばかりのお店で、私自身も入社1年目で初めての店長ですので、全てが初めてづくしですが、今年の5月に就活のためアルバイトを卒業するパートナーがいたのですが、その子に「ここで働けて良かったです、心から感謝します。」と言ってもらえたことが本当に嬉しかったです。
先輩から「バイト先の店長って、その子にとっては家族や学校以外で初めて接する社会人だから、その子の価値観や、極端に言えば人生を変えるほどの影響力があるんだよ。」と教えられました。
ひとまずその重責は果たすことができたかなと、嬉しいと同時に、正直ホッとしましたね。
私がリレーションズを選んだ理由
以前、他所の温野菜でアルバイトをしていたのですが、自分の地元で温野菜を展開しているリレーションズの存在を知り、説明会に参加しました。
『必要なのは「お客様のことを自分の家族のように思いやる気持ち」ただ一つです』このフレーズに心震え面接を決意。
入社1年目でも店長になれること、そしてSCやSVとしてキャリアアップしていけるところも魅力でした。
あなたの将来の夢を教えてください。
ゆくゆくは、温野菜で培ったスキルを基に、起業して自分のお店を持ちたいですね。
かゆいところにまで手が届く「何でも屋」なんかもやってみたいと思っています。
当社の社員として、必要な条件・素養はなんだと思いますか?
「愛」だと思います。お客様を愛する、共に働く仲間を愛する。
もう一つは、客観的に物事をみて、本質が何かを見極める能力でしょうか。いつも上司に「本質を捉えてない」と叱られています。
 
 

インタビュー02

現在、担当している仕事内容について教えて下さい。
甲信エリアのSV(スーパーバイザー)を担当しています。今は富山と石川のSC(ストアコンサルタント)も兼任しています。
計6店舗を担当していますが、責任が重い分、やりがいも感じています。
SV・SCの仕事は、まず各店の店長と面談し、数値目標を設定し、それを実現するための行動目標を決めます。
そしてお店からの報告や架電で活動の進捗状況を確認しながら、数値を見て改善が進んでいるか、期待した通りの効果がでているかをチェックし、店長に対して適宜アドバイスをします。
また、担当するお店全店を対象に、毎月1回以上の臨店(お店訪問)も行っており、衛生状態のチェックやチェーンとしての再現性をチェックすることも大切な仕事です。
この仕事の難しいところは、SV・SCは伴奏者であって歌手ではないという点ですね。
歌手(活動の主体)はあくまでもそのお店の店長とパートナーの皆さんですから、自分は脇で支えることに徹しなければなりません。
「自分だったらこうするのに・・・」「自分だったらこう伝えるんだけど・・・」「自分だったら・・・」
そう思ってしまうシーンが結構あります。
しかし、普段からコミュニケーションを密にとり、課題を共有し、危機感を共有することさえできていれば、課題解決の手法は決して1つではありませんから、見守ることも大事と思うようになりました。
まぁ課題を共有し、危機感を共有する。これ自体も難しいですけど。。。
忘れられない体験談(大変だったこと、嬉しかったこと)
私が現在の役職に異動になりお店を離れることになった時、共に働いてたパートナーが泣いてくれたことです。
その子とは意見の相違でたびたび衝突することもありましたが、最後に「店長と一緒に働けて良かったです」と言ってくれたんです。
涙ながらに感謝されたのは初めてでしたから、私も感極まって泣いてしまいましたね。
自分の行ってきたこと、伝え続けてきたことが報われた。そんな気持ちになりました。
私がリレーションズを選んだ理由
当社の経営理念は「存在感謝」ですが、社長も(社長は当然かもしれませんが)、上司や先輩社員も、全員がこの理念を軸に判断し行動している。
ビシッと1本筋が通ってて、しっかりしている会社だというのが当時の印象でした。
見学したお店の店舗理念は「One for All All for One」。お店は「家」で従業員はみんな「家族」なのだと。
人と人との関係を大事にするそんなところにも信頼が持てました。
あなたの将来の夢を教えてください。
当社のロゴに「Human&Challenge」と書かれている通り、色々なことに挑戦させてもらえる会社です。ゆくゆくは社内ベンチャーで一つの事業部を立ち上げ任せてもらいたいです。(事業の内容はまだヒミツです)
近い将来と言う意味で、みんなと海外へ社員旅行に行きたいです。
あと、卒業していったパートナーの子たちが社会で活躍してくれること。そして10年経っても、20年経っても、いつでも一緒に飲みにいける関係でありたいです。
当社の社員として、必要な条件・素養はなんだと思いますか?
人が好きなことです。
一緒に働く仲間も、ご来店して下さるお客様もすべて人ですから。
人を思やること、一緒に笑ったり、泣いたり、悩んであげられることです。
 
 

インタビュー03

温野菜でアルバイトをはじめたきっかけは?
友達が温野菜でアルバイトをしていて、為になるよと勧めてくれました。
学校からも通える距離でしたし、私自身も接客業には興味があったので応募しました。
仕事の内容を教えて下さい
ホールスタッフです。お客様から注文を伺ったり、お料理を運んだりする仕事です。
また、パートナーリーダーとして新人パートナーを教えたり、毎月パートナーミーティングといってパートナーだけで会議を行っているのですが、その会議の設計もさせていただいていました。
新人パートナーさんの教育は、とても難しかったですが、お客様アンケートで「輝いていたスタッフ」にその子の名前が書いてあったり、お客様から誉められたなんて聞くと、自分のことのように嬉しかったです。
職場はどんな雰囲気ですか?
学生が比較的多いですけど、年齢層は幅広く、それでも年齢を問わずみんな仲が良いです。
温野菜でのアルバイトを振り返って一言
温野菜の仕事を通じて、人間として成長できたと思います。
最初の研修で習った「G-EST」という言葉。「G」:元気に 「-」:一歩歩み寄って 「E(eye)」:目を見て 「S(smile)」笑顔で 「T(talk)」:語りかける
お客様に対しても、一緒に働いている仲間に対しても、いつもG-ESTを心掛けるようにすることで、考え方が前向きになり、行動も積極的に変わってきたと思います。
そして店長が口癖のように言っていた、「お客様に喜んで頂くことが、自分たちの成長と夢の実現につながる。」
日々お客様と接するなかで、私もそう実感しました。
店長のもう一つの口癖だった「矢印を自分に向ける」も、この先ずっと忘れないでしょう。トラブル解消の秘訣ですから。
本当にたくさんのことを学びました。ありがとうございました。